Ballet Academy

初級者から上級者まで行なうバレエの基本的なレッスン内容

バレエスクールのレッスンでやること

足元

まずは柔軟体操

全国各地には、いろんな学校や習い事をするための教室やスクールなどを見かけるでしょう。自分が興味のあるものをとことん学ぶために、ゲーム専門学校などの学校へ行く学生もいれば、子供は人気のダンスやバレエスクールに通うこともあります。そこからプロになる人もいるため、夢への第一歩として皆通っているでしょう。そして、バレエスクールなどの教室に関しては人によって経験や状態が違うために初級から上級までコースが設置され、必ずレッスン前には柔軟体操を行います。大阪にはいくつものスクールがありますが、ここを怠るスクールはありません。上級クラスだとレッスンが始まる前に各自ストレッチを行うこともありますが、初級クラスならば絶対にレッスン中に講師の指導のもと柔軟体操が行われます。

必要不可欠なバーレッスン

バーレッスンはバレエのレッスンでは必要不可欠です。バーを使ってバレエの基本的な動作を行います。バーレッスンは上級クラスでも欠かせません。クラスのレベルが上がるにつれて動作は複雑になり、かつ長くなります。

バレエを習う前に読みたい記事

レッスン

バレエの魅力

バレエの主な魅力には、様々な物語を表現できる、素敵な衣装を身につけることができる、素晴らしい音楽に触れることができる、という3つが挙げられます。

READ MORE
女性

バレエスクールの選び方

バレエスクールを選ぶときは、スクールの料金と講師をチェックするだけではなく、自分の目的を明確にして、体験レッスンまで受けるようにしましょう。

READ MORE
レッスン

バレエを習うときの注意点

バレエを習うときには、冷え症と身体のケアには十分注意しましょう。また、無理をせずに自分のペースでじっくり学んでいくことも大切です。

READ MORE
トウシューズ

バレエスクールにかかる費用

バレエスクールでバレエを習うときに必要な費用について紹介しています。他にもバレエを始めた方の口コミをチェックすることができます。

READ MORE

バレエシューズを選ぶポイント

素材で選ぶ

主なバレエシューズの素材には、布製・皮製・布と皮の混合素材の3つがあります。初めてバレエを習う場合は、布製のシューズだと安価で変えるのでオススメです。

ソールで選ぶ

ソールの形状には、皮一枚で全面を覆うフルソールタイプと、皮が二枚に分かれているスプリットソールタイプの2種類があります。初心者の方には、身体が安定しやすいフルソールがオススメです。

履き口で選ぶ

バレエシューズの履き口にはいくつかの種類があります。ゴムが1本のものもあればゴムが2本ついているものもあり、実際に履いてみて自分に合ったタイプを決めると良いでしょう。

デザインで選ぶ

バレエシューズには、足先にあるヴァンプが短いものと長いものがあります。バレエは見た目が肝心なダンスです。そのため、バレエシューズは自分の体型にあったデザインを選ぶようにしましょう。

色で選ぶ

代表的なバレエシューズの色には、白・黒・ピンク・ベージュがあります。ウェアの色に合ったカラーを選びましょう。色が違ったシューズを何足か持っておくと便利です。

メーカーで選ぶ

有名で大手のバレエシューズメーカーだと安心して使用することができます。国内にもいくつかのメーカーがあります。メーカーによって特色も若干変わるので自分の好きなメーカーを選ぶようにしましょう。

[PR]

大阪のバレエ教室に通おう!
レッスン費用もリーズナブル♪

東京で人気のバレエ教室!
無料体験レッスンを実施中♪ ゲーム専門学校の情報を紹介
進路選びの参考にしよう☆

イラストの専門学校に通う
コースを簡単に選ぶことができる

[PR]

広告募集中