バレエを習うときの注意点|バレエスクールでのレッスン内容を分かりやすく紹介
Ballet Academy

ストレスやケガの心配をせずにバレエを楽しもう

バレエを習うときの注意点

レッスン

身体のケアを怠らない

バレエは、その見た目以上に身体に負担がかかりやすい踊りです。そのため、バレエ初心者の方は、毎日のストレッチや食生活などに気をつけて身体のケアを怠らないようにしましょう。特に足腰は痛めやすい部分です。柔軟運動はしっかりと行いましょう。

冷え症に気をつける

バレエのレッスンは、薄着で長時間受けることが多いので、冷え症になりやすくなります。特に子どもにバレエを習わせる場合は、年を取って冷え症がクセにならないように、足腰が暖かくなるようなものを着けさせましょう。

自分のペースでじっくり学ぶ

大阪で趣味でバレエを習う場合は、無理は禁物です。クラスによっては経験者が多く、レッスンのレベルが高くなることもあります。しかし、そのような場合でも焦らずに、自分ができる範囲でレッスンを受けるようにしましょう。じっくり学んでゆっくりと技術を身につけることが大切です。

バレエで身につくこと

リズム感

バレエは、音に合わせて踊るダンスの1つです。バレエを学ぶことによって、高いリズム感を身につけることができます。同時に音楽性も身につけることができます。

キレイな姿勢

バレエは、キレイな姿勢を最も重要視するダンスです。背を伸ばし優雅に踊らなければなりません。そのため、体幹を鍛えることができ、自然とキレイな姿勢を手に入れることができます。

柔軟性

キレイな姿勢と同時に柔軟性も必要になるダンスがバレエです。柔軟性がなければ優雅に踊ることはできません。柔軟性を身につけることで毎日の生活でも疲れが出にくい身体になります。

集中力

バレエの学び始めは、意識するポイントがいくつもあり、基本のステップも難しく感じるはずです。しかし、1つ1つの課題をこなしていくことでスキルを高められるだけではなく、高い集中力も身につけることができます。

礼儀やマナー

バレエ業界は、他の業界に比べても目上や年上の方に対してのマナーや礼儀が厳しいため、お子様にバレエを習わせるとバレエのスキルだけではなく、礼儀とマナーも同時に身につけさせることができます。

広告募集中